末社

末社

常盤新田霊社
 新田義宗、脇屋義治、松平定長をお祀りしています。
 新田義宗は新田義貞の子、従兄弟の脇屋義治とともに鎌倉幕府と戦いました。

 南北朝時代本県と深い関係にあった南朝の忠臣新田義貞公をはじめ、 その御子息義顕公・義興公・義宗公、その御舎弟脇屋義助公と御子息義治公等の御神徳を慕うてその御霊を斎きまつった神社が県内に二七社(うち一三社の境内社)ある。他に配神として合祀しているものを合わせると、四一社(うち境内社一八社)である。

高良玉垂社
 武内宿禰命をお祀りしています。
 武内宿禰は景行、成務、仲哀、応神、仁徳までの5代にわたる天皇にお仕えし、
特に神功皇后の新羅遠征を補佐したことは有名です。
 長寿、厄除の神様として知られています。

素鵞社
 素盞之男命、稲田姫命をお祀りしています。
 素盞之男命は天照大神を脅かして高天の原を追放されました。
 その後、故郷の出雲へ向かい八岐大蛇を退治して「天叢雲剣」を手に入れ稲田姫と結ばれます。
 五穀豊穣の神様です。