御宝物

国指定重要文化財

太刀『国行』
 刃長77.7㎝、反り2.6㎝、鎬造しのぎづくり庵棟いおりむねきたえはよくつみ、刃文は直刃すぐは、丁字交じりで、小沸こにえがついている。
 全体の姿は、反りが深く華やかで、重ねも厚く品位がある。
 なかごは生ぶで、鑢目やすりめは切、目釘穴は3個、「国行」の2字銘が刻してある。
  鎌倉時代の作で、作者の来国行は山城国来派の名工である。
 寛文5年(1665)松山藩主松平定長が武運長久と一門の繁栄を祈願して奉納したもの。

愛媛県 有形民俗文化財

算額(22面)
 この数の算額が一社にまとめてあるのは全国でも珍しい。
 痛みが激しく、現在は保存の観点から一般公開しておりません。


算額紹介特設ページ

松山藩主 松平定長公所縁の品

兜『筋星』
具足『卯ノ花威』

松山藩主 松平定長公所縁の品

兜『立物月ノ輪』
具足『皺革包浅葱糸花色』